ものづくり

化成品部のご紹介

 

はじめまして、化成品部の平家です。

ブログ更新が遅くなりましたが、ここからは毎週更新していきます!! (意気込みを書いておきますね!!)

見て下さる皆様、どうぞお付き合い宜しくお願いします!

 

 

今回、初回ですので化成品部での業務に関わる基礎知識をご紹介いたします。

化成品部グループでは樹脂成形品を日々生産しております。

樹脂成形品すなわちプラスチックです。

 

 

プラプラスチックとは、熱や圧力を加えることにより成形加工のできる、高分子物質のことです。

この高分子物質には、天然樹脂と合成樹脂がありますが、ふつうプラスチックというときには、

石油から生まれた合成樹脂のことを指します。

 

 

私たちの貴重な資源である石油が、科学の力によって次々と姿を変え、

ペレットと呼ばれる米粒状のプラスチック原材料になります。

 

↑加工しやすいように3~5mm程度のサイズが主流です。

 

 

 

そして、このペレットを成形加工することによって、プラスチック製品が生まれます。

 

↑着色用のペレット材料を混ぜて成形すると白以外にも様々な色の製品が作成可能です!!

 

 

 

それでは実際に化成品部で行っている射出成形加工について説明いたします。

射出成形は金型を用いた成形法の一つです。合成樹脂(プラスチック)などの材料を加熱して溶かし、

金型に送り込んだ後、冷やすことで目的とする成形を行います。

 

↑プラスチックの成形現場ではこんなに大きな設備が多数並んでいるんですね。

 

 

注射器で液体を送り込む様子に似ていることから、「射出成形」と呼ばれるようになっています。

加工の流れとしては、材料を「溶かす」から始まり、「流す」「固める」「取り出す」

そして「仕上げ加工」の順となります。

 

 

射出成形では複雑な形状を含めて多様な形の部品を、連続して素早く大量に製造することができます。

そのため、日用品をはじめとして幅広い分野の製品で利用されています。

 

 

今回は ここまでと致します。

次回 化成品部グループで扱う成形機及び樹脂材料の紹介をいたします。

 

 

乞うご期待!!

関連記事

  1. ものづくり

    ☆★金属加工部 プレスグループ★☆

    今年の6月でプレスグループに入り1年が経ちま…

  2. ものづくり

     ~お客様に安心をとどける~ 品質保証部のご紹介!

    皆さんはじめまして!品質保証部の羽馬(はま)です。商品企画部で…

  3. ものづくり

    温度試験

    突然ですが...!私、配属先が変わりました。&nbsp…

  4. ものづくり

    AP100(板金用CAD・CAM)

    私の担当第二回目はAP100についてお話させていた…

  5. ものづくり

    製造技術部

    はじめまして製造技術部の齊尾です。これから製造技術部のブログの…

  6. ものづくり

    プレスラインの紹介

    皆様こんにちは!プレスグループの山田です!!今後…

おすすめ記事

PAGE TOP